[an error occurred while processing this directive] トルコの旅と食事と温泉と とるこのととと

http://turkey.tabino.info/ (1):表紙

トルコの旅食事温泉 とるこのととと

「とるこのととと」更新履歴

印刷用ファイル第6版、HTML版2002年12月27日反映分

質問をいただくことのあった箇所を追加、修正しました。前回の更新に対するマイナーチェンジ版とお考えください。

2002年12月27日更新内容
トルコでする旅変更は小規模だが、結構充実。
旅行保険クレジットカード付帯の保険について、サービスの種類が増え対応しきれない部分が目立ってきたことから思い切って簡略化した。
オトビュスをきわめる前回は見送っていた「オトガル」の項目を追加。
トルコの宿いろいろセクション名を変更。内容については「宿泊施設の種類」「宿泊施設利用のTips」に整理したうえ、アパルト・オテルやチップの項目を追加した。
トルコで温泉変更なし。
トルコいろいろ文章を簡略化してページ数を縮小。スキ間なくぎっちり...。
アクサライ周辺わずかではあるがコンヤの項目を新設。
おみやげ調達作戦セクション名を変更した。
トルコで食べる文章を簡略化しつつ結構いじった。実用性は増していると思う。
ケバプチュセクション名変更。
ビラハネ新規に追加。
ピデジセクション名変更。
プリンセクション名変更。

印刷用ファイル第5版、HTML版2002年12月16日反映分

ファイルの統合によりメニューから消えた目的地もありますが、2002年10~11月のトルコ滞在をもとに新規の目的地が追加され、内容は大幅に増えています。今回の訪問地には「★」マークを付けてあります。

大型改編となった今回の更新では、情報量が増大しすぎたことへの対策として字数削減を進めたために、だいぶんぶっきらぼうな文章にならざるを得ませんでした。読み物としてのおもしろさもかなり殺がれてしまい、以前よりつまらなくなったかもしれません。

編集段階で20万字を越えていた字数は、減らしたもののまだ15万字あります(従来は約10万字)。地図や写真なども増えデータ量が激増したため、一括ダウンロード版の提供は諦めました。今後はWeb版と印刷用の2本立てで公開してゆくつもりです。

なお、今回の更新から本文のHTMLファイルは文字コードにUTF-8(unicode)を採用しています。トルコ語、日本語の混在した当コンテンツでは、この方がわかりやすくなると判断したためです。

新しい背景画像にはキュタフヤ県チャウダルヒサール、浴場跡のモザイクを採用しました。

2002年12月16日更新内容
トルコでする旅だんだんまとめにくくなってきたな...
旅行のプラン期間別プランの見直し。
ガイドブック、旅行の資料
旅行の予算USドル表記に変更。物価は少しずつ上がりつつあるかも。
お金、両替ユーロは強くなってきた。しかし、日本でのユーロ現金はレート悪すぎ。「売り」と「買い」で15円も差がある。もうちょっと銀行は絞らないといかんな。日本発の場合、当分はドルとキャッシング中心になりそう。
旅行保険
安全な旅行のために東南部の非常事態令は解除されました。しかし、まだお勧めできる感じではないので従来どおり。
オトビュスをきわめる「バスのタイプ」など情報の更新。
結構すてきな列車の旅「お勧めルート」「列車とバスの乗り継ぎ」などを追加。トルコ国鉄はかなりがんばってると思う。
市内交通と街歩き
オテル、パンションetc.
郵便物、電話、インターネット「インターネットカフェ」の項目追加。しかし、役に立つ情報ではないな。
航空券
イスタンブルTips新規追加項目。最小限のイスタンブル案内。あんまり期待するな。飛行機を降りてから、このサイトに収録している目的地までスムースに移動できるようにするというコンセプトのもとに。
トルコで温泉印刷用ファイルが各地で神通力を発揮しはじめているらしい
おいしい湯の街を楽しむ
ブルサ
「中心街地図」「市内の見どころ」を追加。ホテルも掲載箇所を追加(あんまり意味がないが)。結構力入れてます。アラップ・シュクリュで飲み過ぎてジュマルクズックに行けませんでした(ハハ)。
看板に偽り無し
「陶器と温泉と遺跡の国」
キュタフヤ
温泉情報を充実させ「トルコいろいろ」から移転。ムラト・ダーウ、ウルジャス、ヨンジャルを新規に追加している。キュタフヤ市内の地図をより細かいものに変更。弊サイトとしてはいちばん力入ってるな。
歴史ある温泉と
山中の露天風呂
ギョネン
新規に追加した目的地。お勧め。夏場に再調査を検討中。エクシデレ・ダー・ウルジャスすんげえイイ。
そうだ、温泉に寄ろう
バルケシル
ここも新規に追加。お勧め度はそれほど高くないが、手軽に立ち寄れる温泉地。ほかにも温泉を見付けてきたが、未調査。
発掘品は盗られた、
温泉は残った
ベルガマ
遺跡を期待されるとがっかりするな、きっと。でもチャムル・ウルジャス(温泉)は超お勧めですよ。
静かな山間の温泉地
バユンドゥール
トルコの温泉地としてはとてもティピカルかもしれぬ。お湯もなかなか。でも大きいお風呂がない。
石灰棚より
魅力的な湯を探せ!
パムッカレとデニズリ周辺
パムッカレは湯が枯れかかっているので、ほかを探してみた。紹介している以外にもまだまだ温泉あるよ。
シマーヴ街の名前「シマーヴ」から温泉名の「エイナル」に変更したうえで、キュタフヤに統合した。
泥湯温泉とごきげんな地中海
ダルヤン
温泉からはじまる黒海の旅
ハヴザとハママヤーウ
別メニューとしていたものを統合した。やはりハママヤーウの営業期間が短すぎるな。
薬効あらたか黒海の湯
アイデル
お湯の中に吸血ナマズ
バルックルカプルジャ
けっこう実力派
パシンレル
極楽露天風呂
ディヤディン
泊まれるようになったというお知らせをいただいたので反映。
ついに訪問可能になった秘湯
ハサンアブダル
いただいていた情報を反映。東の方は来年あたり行ってみようか、思案中。
温泉の作法inトルコ
番外編:ハマム
トルコいろいろほとんどいじってない
19世紀の街を歩く
サフランボル
もう有名になったんで、私の役目は終わったと思っていたんだけれど(笑)、最近なぜか立て続けに聞かれる。調べてきた方が良かったかな。
演歌が似合う
黒海の旅
東アナトリアの旅はここから
エルズルム
湖、高原、遺跡をめぐる
東アナトリアの旅
意外にも食べ物はうまい!
シャンルウルファ
カッパドキアの静かな寄り道
アクサライ周辺
遺跡はいいからワインだね
シリンジェ
観光化は進んできた。でも客は主にトルコ人みたいだから、あんまりイヤな感じはしないと思う。セルチュクで商売していたシリンジェの人たちは少しずつシリンジェに戻りつつあるようだ。以前紹介していたセルチュクのセチキン・レストランもシリンジェに近い場所へ移転しちゃった。
穴場の遺跡めぐり
雪山をバックに
アフロディシアス
行っていないけどカラジャスの人から情報収集。メスタン氏のホテル開店したらしい。元気かな。
地中海の遠浅な海
クズカレシ
魚を食べる一日
ボスボラスクルーズ
片道でも船の切符を買えるようになってた。しかし、週末割引が無くなってた。
お気に入りのおみやげ
トルコで食べるここもほとんどいじってない
ロカンタ
レストランでお食事
すばらしきトルコ料理の世界
ケバプのはなしetc.
名物ケバブ削除。イスケンデルはブルサと重複なので。コンヤ(フルンケバブ)は今後「アクサライ周辺」のページで復活させるかも。しかし、コンヤへは97年から行ってない...。飲めないからなあ。
ピデ
プリン屋
チャイとカーフェ、シガラ

2002年12月14日

印刷用ファイルを微調整。地図目次とプランニング用地図を改良したファイルに差し替えるとともに、ファイルサイズを若干小さくした。本文に変更はなく、版の名前は第5版のまま。

2002年12月12日

印刷用ファイルを先行して更新。第5版としてリリース。「とるこのととと」のその他のファイルは更新準備中。

2002年10月2日

アクサライ周辺」のページを作成する。他のファイルも部分的に手直し。トルコ語表記を新しい方式に改める作業を一部のファイルで着手。一括ダウンロード版、印刷用ファイルも差し替え。印刷用ファイルでは、冬時間への変更が近くなってきたことから時差表を通年対応にしたほか、為替レート表のサイズを拡大するなど、使い勝手を向上させる改良を実施。

2002年9月8日

最近到着した情報」のページを新設。いただいたメールや報道発表などの情報から旅行に役立ちそうなものを紹介する。

2002年8月8日

細かな修正、記事追加を実施。印刷用ファイル、一括ダウンロード版のファイルも更新。

2002年8月7日

東アナトリア」を追加。

2002年7月15日

印刷用ファイルを中心に更新。印刷したときの読みやすさを改善するため、フォントを変更した。このほか細かい誤植の訂正などを実施し、一括ダウンロード版も更新。

2002年6月15日

大幅に更新。「安全な旅行のために」と「市内交通と街歩き」を新たに追加したうえ、細かい変更を各所で実施。また一括ダウンロード版のファイルも更新。さらに印刷用ファイルの提供を開始。

2002年6月4日

郵便物、小包、電話」を追加。

2002年6月3日

オテル、パンションetc.」に内容追加。